東京地球農園について | 東京地球農園

「自分たちの手で安全、安心野菜を育てましょう」
東京都あきる野市 武蔵引田駅徒歩10分

東京地球農園について

ごあいさつ

東京地球農園開設のきっかけになったのは奥田潤二さん。自身の病気の体験から、農薬や化学物質に汚染された食品が重大な健康被害を生んでいると考え、当時在籍していた早稲田大学法学部を辞め、有機無農薬農法を学んだあとタイで2年間民間団体の農業協力プロジェクトに参加しました。帰国後、あきる野の地で有機無農薬で野菜栽培をはじめましたが、2000年、奥田さんが北海道富良野に移住することになり、その意志を継ぎ数人の有志が集まり「東京地球農園」を立ち上げました。 以降、有機栽培にこだわり試行錯誤を続けて来ました。微生物の力を借りたEMボカシの製造、それを利用した生ゴミ堆肥化など循環型農法の追及で年々土壌が豊かになってきて、害虫も減り丈夫な野菜が育って来ているのを実感しています。 障害者施設との連携をはかり将来障害を持った人たちが働ける農園づくりを目指して頑張っています。企業の社会的貢献活動、援農ボランティア、地域福祉団体の協力、スポーツ少年団等とのつながりを通じ新しい農業の形が見えて来ています。また、食の駅や神田のレストランなどでも取り扱っていただき、お客様から高い評価をいただいております。毎日太陽の光と風を感じ、自然の不思議さや偉大さに感動できる生活に満足しています。

東京地球農園
代表 阿部嘉明

代表 阿部嘉明
久保田武男

市民農園としてスタートした東京地球農園は現在NPO法人日の出太陽の家ボランテイアセンターが運営しています。障害を持つ方も持たない方も、一緒に農作業ができる「農業+福祉+環境+社会貢献+ボランテイア+観光+地域おこし=みんな笑顔に地球農園!」を目指しています。 地球の大地に希望の種をみんなで撒いていきましょう!

NPO法人日の出太陽の家ボランテイアセンター
理事長 久保田武男

東京地球農園ご案内

『テラ』とは、ラテン語で『母なる星・地球』の意味。
『東京地球農園(東京・テラ・フアーム)』は、東京都あきる野市引田で1200坪の農地を使って地球にやさしい農法で元気野菜つくりを行っています。野菜つくりや活動に興味のある方は、ご一緒にどうぞ。

地球農園写真
地球農園写真
地球農園写真

資源循環型農法に取り組んでいます

①「EMボカシ(有用微生物)」を使って生ゴミを堆肥化し、肥料として利用しています。 ②「EMボカシ」を製造販売し、ごみの減量化に取り組んでいます。
③農業用EMボカシを製造し、EM農法に取り組んでいます。
④植木の選定チップを堆肥化し活用しています。

EMぼかしについて

減農薬栽培に取り組んでいます

①害虫忌避剤「ストチュー」を製造・散布し防虫しています。
②害虫捕獲液「甘い誘惑」を開発し害虫を減らしています。
③夜盗虫対策に独自対策を編み出し実施しています。
④作物が甘くなる肥料「はたけの肥人」を開発しました。
スイカ、トマトなどに抜群の効果があります。

減農薬栽培

農園体験会員を募集しています

農園は一緒に農業を楽しみたい家族が参加して会員制で運営しています。会費は月1,000円です。
活動日は毎週土曜日(雨天中止)行っています。
見学もできますので、お気軽にご連絡ください。

農園体験会員について

大人気!!東京地球農園野菜

生産した野菜が評価されイオンモール日の出店「食の駅」で販売しています。お客様から高評価をいただいています。
神田駅近くの「東京オーブン」、二子玉川高島屋別館「キッチン&バ-まるゆう」からも野菜の注文をいただきお客様からも大変好評をいただいております。

野菜販売先一覧

障害者施設と協同作業

日の出町にある知的障害者施設「日の出太陽の家」と連携し、施設利用者の農作業の場として協同作業を行っており、生産した野菜は施設の食材として使用されます。
施設利用者さんたちも、太陽のもとイキイキと楽しまれ、農作業が心身に良い影響となっています。≫ 福祉施設と共同で野菜作り

援農ボランティア募集しています

農業に興味があり一緒に農園を手伝ってくださる援農ボランテイアを募集しています。四季折々を体で感じ、ちびっ子や障害を持った方との交流はとても楽しくやりがいがあります。イオンモール「食の駅」などへの納品作業も体験できます。企業様のCSR活動の受け入れも積極的に行っております。 詳しくは下記まで連絡をお願いします。

ボランティアについて

安全野菜の共同購入 ~有機農業ネットワークの構築を目指して~

東京地球農園では、各地で有機無農薬栽培を行っている農家と交流しながら、安全野菜の共同購入を行っています。
農園体験会員の方には、北海道から富良野メロン、富良野かぼちゃ、アスパラ、大豆、小豆などが届きます。
静岡からはお茶や、みかん、ニンジンなど。
夏には富良野農家体験ツアー、冬には静岡ミカン狩りツアーなども実施しています。
今後も、有機農業ネットワークの構築を目指して、志を同じくする農家との交流を広げていきます。

地球農園

福祉施設と共同で野菜作り

東京地球農園では日の出町にある障害者支援施設「日の出太陽の家」と共同で野菜づくりを行っています。施設利用者さんたちも、太陽のもとイキイキと楽しまれ、農作業が心身に良い影響となっています。
採れた新鮮野菜は施設の給食に提供されているとともに、施設の朝市で販売され、近隣地域の皆様にもご好評いただいております。
また、障害者施設と連携して「EMボカシ(有用微生物)」を製造しております。
これにより、給食などの生ゴミを堆肥化して、また野菜を育てるという資源循環型農法が良い流れで行われております。

地球農園写真
地球農園写真
福祉施設と共同で野菜作り

東京地球農園へのアクセス

所在地:東京都あきる野市引田301-2
    (JR五日市線「武蔵引田駅」徒歩10分)

連絡先:東京地球農園 042-597-3835

農作業の後は地元の温泉でゆっくりどうぞ

湯処「阿伎留の四季(あきるのしき)

湯処「阿伎留の四季(あきるのしき)

  • 住所:東京都あきる野市秋川3丁目3番4号
  • 電話:042-550-2641
  • HP:http://www.akirunotoki.com/yu.html
  • 東京地球農園より車で5分 (徒歩15分)

生涯青春の湯「つるつる温泉」

生涯青春の湯「つるつる温泉」

  • 住所:東京都西多摩郡日の出町大久野4718
  • 電話:042-597-1126
  • http://www.gws.ne.jp/home/onsen/
  • 東京地球農園から車で30分

秋川渓谷 瀬音の湯

秋川渓谷 瀬音の湯

  • 住所:東京都あきる野市乙津565番地
  • 電話:042-595-2614
  • http://www.seotonoyu.jp/
  • 東京地球農園より車で30分