東京地球農園について | 東京地球農園

「自分たちの手で安全、安心野菜を育てましょう」
東京都あきる野市 武蔵引田駅徒歩10分

東京地球農園について

地球の大地に希望の種をまこう

東京の富良野と呼ばれる大地
奥多摩の山並みを背景に、広大な農地が広がる秋留台地で約2,000坪の農地を耕作し ています。「安心安全野菜を自分たちで作ろう!」と2000年に数家族で始めた市民農園 です。極力農薬を減らし、微生物の力を生かし、チップたい肥や発酵たい肥を土に埋め 込み資源循環農法に取り組んでいます。

子どもたちに農業体験を
子どもたちに土から野菜が育つことを体験してもらいたいと「農業&収獲体験」を始 めました。広い農地で思い切り走り回り、泥んこになって遊び、新鮮野菜を自分の手て 採って生かじり。本物の味がわかるはずです。小さい頃の味は一生記憶に残ると言われ ています。そんな野菜大好き人間を育てたいと思っています。

美しい地球を子供たちに
赤ちゃんはお母さんのおなかの中で地球46億年の歴史を経て生まれてくると言われて います。その地球環境が年々悪化しています。どうしたら美しい地球を子供たちに残せ るのか、農園で一緒に考えていきましょう。

大地に希望の種をまきましょう
農園にはカブトムシの幼虫や四季折々の昆虫がたくさんいます。昆虫探しもできます 。カブトムシを自宅で飼育する方法も伝授します。東京地球農園ではたくさんの野菜を 育てています。自分で種まきし、自分のまいた野菜を収穫に来てくれたらうれしいです 。一緒に農園の四季を楽しみましょう。そして、地球の大地に希望の種をまきましょう。

東京地球農園
代表 阿部嘉明

代表 阿部嘉明

東京地球農園ご案内

『テラ』とは、ラテン語で『母なる星・地球』の意味。
『東京地球農園(東京・テラ・フアーム)』は、東京都あきる野市引田で1400坪、日の出に600坪、計2000坪の農地を使って地球にやさしい農法で元気野菜つくりを行っています。野菜つくりや活動に興味のある方は、ご一緒にどうぞ。

地球農園写真
地球農園写真
地球農園写真

資源循環型農法に取り組んでいます

①「EMボカシ(有用微生物)」を使って生ゴミを堆肥化し、肥料として利用しています。 ②「EMボカシ」を製造販売し、ごみの減量化に取り組んでいます。
③農業用EMボカシを製造し、EM農法に取り組んでいます。
④植木の選定チップを堆肥化し活用しています。

EMぼかしについて

減農薬栽培に取り組んでいます

①害虫忌避剤「ストチュー」を製造・散布し防虫しています。
②害虫捕獲液「甘い誘惑」を開発し害虫を減らしています。
③夜盗虫対策に独自対策を編み出し実施しています。
④作物が甘くなる肥料「はたけの肥人」を開発しました。
スイカ、トマトなどに抜群の効果があります。

減農薬栽培

農園体験会員を募集しています

農園は一緒に農業を楽しみたい家族が参加して会員制で運営しています。会費は月1,000円です。
活動日は毎週土曜日(雨天中止)行っています。
見学もできますので、お気軽にご連絡ください。

農園体験会員について

東京地球農園へのアクセス

所在地:東京都あきる野市引田
    (JR五日市線「武蔵引田駅」徒歩6分)

連絡先:東京地球農園 042-597-3835

※スマホ等でグーグルマップに「地球農園」と入力し、地図参照してお越しください

「武蔵引田駅」からの近道のご案内

1 武蔵引田駅から徒歩6分ほどです

2 駅を背にして右方向へ進みます

3 右方向に踏切が見えてきます

4 踏切を渡り進みます

5 左側に地球農園の案内を左に曲がります

6 まっすぐ進みます

7 2つ目の案内が出てきたら左に曲がります

8 物置側の3つ目の案内まで進みます

9 物置の後ろを右に曲がります

10 4つ目の案内に沿って進みます

11 農道を真っすぐ進みます

12 ようこそ地球農園へ!

農作業の後は地元の温泉でゆっくりどうぞ
生涯青春の湯「つるつる温泉」

生涯青春の湯「つるつる温泉」

秋川渓谷 瀬音の湯

秋川渓谷 瀬音の湯

  • 住所:東京都あきる野市乙津565番地
  • 電話:042-595-2614
  • http://www.seotonoyu.jp/
  • 東京地球農園より車で30分
かんぽの宿 青梅

かんぽの宿 青梅